カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

cani

Author:cani
仕事・建設系

好き(モノやコトや人)
  
  ・フットサル&サッカー
  ・マナ(愛息)
  ・喜多嶋 隆
  ・人間観察
  ・晩酌
  ・HOME MADE 家族
  ・ゲーム
  ・作詞
  ・人間弄り
  ・釈 由美子
  ・サボり
  ・宛ての無い旅
  ・パソコン
  ・妄想・・・
  ・オリエンタルラジオ
  ・高田 純次

嫌い(モノやコトや人)
  
  ・空気読めない人
   (俺も微妙に読めないかも・・・)
  ・場所やマナーを弁えない喫煙
   (私も喫煙者ですが・・・)
  ・搬入し難い現場

経験したスポーツ
(遊びを含めて・体育の授業は除く)
  
  ・フットサル
  ・サッカー
  ・ボーリング(best200over)
  ・ビリヤード
  ・レーシングカート(安心院では顔パス・・・でした)
  ・ゴルフ(best83・ホールインワン暦有り)
  ・スケート
  ・野球
  ・スカッシュ
  ・テニス
  ・ビーチサッカー
  ・陸上(高校駅伝・400mハードル・400m・110mハードル・200m)


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


最近のトラックバック


ブロとも申請フォーム


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手抜けるじゃん!

やっと書ける、月の話題




の、前に・・・



今日の練習



人数的にも雰囲気的にも、いい感じで出来てると思う。

とりあえず、約1ヶ月

この状況が続けば、よい結果が出せるはず



珍しい?俺が褒めてる(笑)


でも・・・熊本遠征・・・





で、本題っていうかなんというか・・・





お題!!! 


「月の無い地球」

です。




知ってる人は知ってると思うけど、

どうなると思います???



しばらく考えてみてください・・・







・・・






・・・






・・・





・・・





ってワケでコピペします





FMの午前10時から(大分では)やってる、


open sesame


で紹介簡単に紹介されてますが・・・



アメリカ・メーン大学の天文学・物理学教授 
ニール・F・カミンズ著
「もしも月がなかったら
  ~ありえたかもしれない地球への10の旅~」
によりますと・・・

■潮の満ち引きは今の3分の1!

海の潮の満ち引きは月の引力によっておこっていますよね。
ですが、月がないとその満ち引きは太陽の引力が
ひきおこします。地球から遠い太陽の引力は弱いので
潮の満ち引きは3分の1程度になります。

■一日の時間は8時間!

潮の満ち引きと同じように地球の自転速度も月の引力に
影響されています。
出来たばかりの地球は一日が6時間でしたが
今の地球の一日は月の強い引力によって
24時間までひきのばされました。
月がない地球の自転は太陽の引力でひきのばされますが
やはり引力が弱いので8時間までしか
ひきのばされないのです。
月のない地球の一日は8時間。
一年は1095日となります。

■強力なハリケーンが頻繁に起こる!

月のない地球は自転速度が速いので(8時間)
風が強い。そのため頻繁に強力なハリケーンが発生します。
最大風速は時速300キロメートル以上に達するとか。。。

■波が高い!

海水と風の摩擦によって発生する波。
これもまた強い風のせいで、今の地球で起こる
どんなに激しい嵐よりも高くて強烈!!

■体内時計がズレまくる!

地球に生息している生物のほとんどは
正確ではありませんが
ほぼ24時間に等しい体内時計を持っています。
月のない地球は1日が8時間と短いので
体内時計は大幅にくるい、永遠の時差ぼけに悩まされます。

■夜は真っ暗!

月光がないので夜は真っ暗闇になります。

■テレパシーで意思伝達!

月のない地球は風が強いので音がさえぎられます。
そんな中での意思伝達手段として「テレパシー」を
使うようになります。
月のない地球ではお互いの意思伝達手段として
「テレパシー」を利用するために
人の脳波はより強力になります。
そしてこの「テレパシー」は夜間により役立ちます。
なぜなら月のない地球の夜には月光がなく
真っ暗だからです。
      
■暦がない!

月は昔、時計や暦のような役割をしていました。
月の満ち欠けの周期を数えることで、農作業の種まきや
収穫の時期を記憶したり、アメリカの先住民のような
季節ごとに移動する部族などは、移動を開始するべき時期や
移動している時間の長さを確認していました。
月のない地球ではもちろん月がないのでこのような方法は
使えません。
月の代わりに惑星を時計として利用しようとしても
惑星の位置は1年ごとに変化するので難しいので
月のない地球には暦は存在できないと考えてよいでしょう。

■天体観測には最適!?

何度も言いますが、月のない地球の夜はいつでも
真っ暗なので月光にジャマされることなくはっきりと
星を観測することができます。
しかし!月のおかげで、決して地球を向くことのない
月の裏側に建設された天文台から地球上の
どんな天文台よりも
はっきりと天体を観測することができるのです。。。



■宇宙技術の進歩が遅い!

人類が太陽系に殖民するための目的地としての
月があるおかげで月に到着するべく
人類は宇宙技術を進歩させることができたといえます。
しかし、その目的地である月のない地球では
宇宙技術の進歩はずっと遅れるでしょう。
 




ってワケですが・・・



これだと、地球上で行われてる様々なスポーツが

楽しむ事が出来なければ、



植物も育てるの難しそうだし・・・


船は出せなそうだし・・・


考えれば色んなコトが実行不可になるような・・・









アリガトウ月!!! 


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://craque14.blog27.fc2.com/tb.php/408-8191f33a

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。